« GRIS-GRIS | トップページ | あの、 »

The Times They Are A-Changin'

なんでそれを思い出したか
わからないが
仲の良かった下級生が
学生の頃ちょとしたキッカケに


学舎の掃き掃除を毎朝はぢめた
砂ぼこりや枯葉やらの
沢山出るボロキャンパス
(好き)だったので


少々カタブツと思われてた
先生(嫌いぢゃない)も
彼は献身的にやってくれている
みたいなことを静かに言っていた


でも献身的とゆうより
その彼は自分なりの
アナーキーを楽しんでいた
らしい…どおやら


誰にも頼まれてないのに
まだ寝てていーのに
わざわざ早く起きて学校に
来てひとり掃き掃除を


右の頬をぶたれたら
左の頬を差し出すやうな
愛と行動のアナーキー(私的解釈)
とゆーのを実践していたやうだ


愛と行動のアラーキー(私的解釈)
わ少々ワダイになってるけど今
カオリさん写ってるやつ
好きだったな(今も)…


としか言えないです今わ(アタフタ)…
でっっ、話を戻して
その掃き掃除の彼はなんで
仲良くなったかとゆーと


学校の寮で同室になり
ジョナサン・リッチマン
知ってんすか?好きなの?
で意気投合したのでした


だから趣味趣味音楽♪♪
の仲間とも言えまして
今でもゆる~く交流がある


今宵音楽を聴きながら
ひと駅ぶん散歩して
公園の木々の枝葉に
頭撫でられたり


掃き寄せられて
砂に埋もれてる花びらなんか
見ていたら
思い出したのかな


まはろぴは☆

|

« GRIS-GRIS | トップページ | あの、 »